映画『力俥-RIKISHA-』公式サイト

SPECIAL

  • 2018.11.8「力俥-RIKISHA-」シリーズ4作品
    一挙上映イベントレポート
    @11月4日(日)109シネマズ木場

    左より   キャッチャー中澤 中丸シオン 関智一 木村良平 大髙雄一郎

    11月4日(日)東京・109シネマズ木場にて、「力俥-RIKISHA-」シリーズ4部作の一挙上映イベントが行われました。 上映終了後には、シリーズで武凜太郎役として主演を務められる関智一さんと、【浅草立志編】の出演者が登壇する舞台挨拶が行われました。登壇は鳩谷シロウ役の木村良平さん、 森川心子役の中丸シオンさん、沢登ケンスケ役の大髙雄一郎さん、長門ハチロク役のキャッチャー中澤さんの5名。 関さんへ共演された皆様のお話を伺うと、これまで木村さんと大高さんとは、アフレコや舞台で共演されているが“映画だから”ということで違いはなく普段通りのいいお芝居が出来たということで、“もともといい印象がすごくいいに変わった”というお話。はじめてご一緒された中丸さんとはとてもお綺麗なかたで浅草寺でのロケの思い出を、キャッチャーさんとは特撮が好きということで面識があったが、劇中キャッチャーさんを人力俥に載せるシーンの裏話を披露されました。 木村さんは人力俥に乗るのは初めてということで、関さんが俥を牽くシーンの練習で何度も先輩の牽く俥に乗って練習にお付き合いされたエピソードを披露し、実際の俥夫さんのように下町名所を解説いただいたのだが、その際教えていただいたお店が最近なくなってしまったという新情報が下町通の関さんにより舞台上で更新されていました。 キャッチャー中澤さんはもともと劇中に登場するリトルシアターに芸人としてご出演されていましたが、現在は役者として活躍。キャッチャーさんのお話も映画の中に取り入れてられているということで、大高さんとのコンビ“ニワカバディ”として舞台上で漫才をすると、現役時代よりウケているような錯覚を覚えたとお話され、漫才を生まれて初めてされたという大髙さんは、普段のお芝居以上に緊張したとお話されました。本編では“ニワカバディ”、木村さんと大高さんのコンビ“ケンシロウ”の漫才は少ししか描かれませんが、撮影現場では監督の指示によりキチンと一通り演じられていたということで、“ケンシロウ”に関しては撮影直前に監督から台本(本編)以降もカメラを廻すということをいきなり指示され、本番前に木村さんと大髙さんが懸命にネタ作りをされたこと、決めポーズは関さんのアイデアをいただいたことなどをお話いただきました。 中丸さんの演じた心子は今回作品で、実は影でシロウを支える謎の女性。気風のいいキャラクターですが、中丸さんご自身としてはほとんど演じられていない、素の自分に近いとお話され、劇中登場する蛍堂のご主人に教わった着付けや、衣装さんからお借りした帽子のお話などをされましたが、セクシーな衣装を身に着けるところでは中丸さんご自身が恥ずかしがって大変だったと木村さんに暴露されていました。 最後にシリーズを通じて関さんは人力俥の扱いが格段に向上していることや、1,2作と比べ3,4作目は若者を見守るような役柄に変わってきていることをお話され、次回があればまたフレッシュなゲストをむかえて続けられるのではとお話され、木村さんや中丸さんからも、これまでのキャラクターが再び登場すると面白いというお話もされ舞台挨拶は幕を閉じました。

  • 2018.09.19ばくとうディリック&ショウ」とは?

    これまで3回実施されている「力俥-RIKISHA-」イベント上映で、朗読劇として上演されてきた「爆闘相棒(ばくとうバディ)リック&ショウ」。 登場キャラクター2人の名前を冠したタイトルは、 “力俥→りきしゃ→Rickshaw(リクショー/英語で「人力俥」)→りっくしょう→リック&ショウ”という、日本語由来の英語からのネーミング。 ということで、「力俥-RIKISHA-」とは深く紐づいた作品なのです!

    【鎌倉純愛編】、【草津熱湯編】においてキャラクターグッズがしばしば登場し、劇中世界で放映されているTVアニメらしいということがわかるのですが、実は【鎌倉】【草津】2作品のストーリーに深く関わるだけでなく、続く【浅草立志編】【すみだ旅立ち編】でも凜太郎の人物造形の根幹?に影響を与え続けています。その簡単な概要はというと… 〝要人護送用武装人力車【アーマード・リクショウ】を曳くリックとショウ。地殻変動で地続きとなった複数の大陸を舞台に、かつて敵同士だった2人の青年が出逢い、行方不明のお姫様をさがして諸国をさすらう、友情・恋・バトル満載の、SF冒険バディアクションアニメ〟――。
    〝人気コミック原作をもとに制作され、深夜アニメとして放送、一部熱狂的なファンを生み出しシーズン2の製作も決定しているものの、アニメ化にあたり主人公・リックのキャラクターデザイン(髪型)に大幅な変更が施され原作ファンの不評を買ってもいる〟というちょっとややこしい設定もあるのですが、そこにはなんと凜太郎と家出した息子との関係が影響している?らしいことが【草津熱湯編】のなかで語られています。 この朗読劇の台本も「力俥-RIKISHA-」シリーズで脚本を務めるむとうやすゆきさんが執筆。なので「力俥」本編とのつながりも納得な会心の出来映え、物語の設定を知らなくとも登場するキャラクターの丁々発止のやり取りが心地よい、それぞれ独立して楽しめる朗読劇となっています。ちなみに朗読劇中のちょっとダサめな決め台詞“リクショウ・コンバージョン!”の発案者はアベユーイチ監督とのこと。
    【浅草立志編】にもちょっとだけ?深読みできる設定もあるので、「力俥-RIKISHA-」シリーズとあわせてご覧いただくとより楽しんでいただける内容になっています! またむとうさんが脚本を担当されたTVアニメ「ローリング☆ガールズ」でも、劇中で放送されているアニメとして登場。独立国家となった東京の国家自警団団長・羽原アキの大好きなアニメとして登場しています。 こちらはむとうさんがコミケで販売した「リック&ショウ」の同人誌。手前の5人が「ロリガ」のキャラクターです。 こちらの表紙画や朗読劇で投影されるイラストはすべて「ローリング☆ガールズ」、「TARI TARI」などの作品でキャラクター原案を担当しているtanuさんが描かれたものです。
    「力俥-RIKISHA-」【鎌倉純愛編】【草津熱湯編】に登場するリックとショウのキャラクターマスコットを制作したのは一作目と三、四作目で助監督を務める冨田卓さん。どちらもロング用とアップ用の二種類が用意されているあたり、特撮作品のプロップを彷彿とさせます。
    2013年6月に実施された【鎌倉純愛編】の上映イベントでは《EPISODE:0》が上演され、続く2014年3月に実施された【草津熱湯編】の上映イベントでは、その続編であり完結篇とも言える《EPISODE:FINAL?》が披露されました。 どちらのイベントでもリックを演じているのが小野友樹さん、ショウを演じているのが関智一さんです。 リックはアフロ頭の熱血漢、ショウはサラサラヘアーのクールガイ、もともとは敵国の兵士として対峙していた二人の出会いから物語は幕を開け、亡国の姫・ラシーナを探し続ける物語が繰り広げられます。《EPISODE:FINAL?》では本編に出てくる設定までひっくるめたメタ展開にも突入! そして朗読劇「リック&ショウ」の新作は、今年2018年のイベント上映でも披露されました!

    タイトルは「リック&ショウ –ジョウザとカジ坊の逆襲-」 かつてリックとショウが壊滅させた「北の大盗賊団」を率いていた首領ジョウザとその子分のカジ坊。記憶をなくしたラシーナ姫を組織の大首領に祭り上げていたふたりが、その身柄を奪還すべくリックとショウの前に立ちはだかるが、彼女を救出したはずのリックとショウのもとにもその姿はなく……!? 実は育ちがよく言葉遣いも丁寧な悪党ジョウザを小野賢章さんが、見た目のいかつさとやんちゃさに似合わぬ得技をもつ子分のカジ坊を木村良平さんが演じています。 そして今回、これまでリックを演じていた小野友樹さんがイベントに出演されていないにもかかわらず、物語にはリックが登場するのですが………はたして………。 そして関智一さんが演じられるショウのキャラクターはどこか凜太郎にも通じる雰囲気になってきています!

  • 2018.09.7「力俥-RIKISHA-」【浅草立志編】&【すみだ旅立ち編】完成披露上映レポート

    9月1日(土)東京・ニッショーホールにて、完成した「力俥-RIKISHA-」【浅草立志編】&【すみだ旅立ち編】の初お目見えと上映イベントが行われました。 上映前に、一部では関智一さんと木村良平さん、二部では関さんと小野賢章さんによる、注意事項のアナウンスが入り、場内約600人のお客様が盛り上がったところで上映がスタート。 シリーズとしては3作目、4作目にあたるこの2作品ですが、それぞれ独立した物語なので前2作品をご覧になったことのないお客様も、俥夫に扮した関さんが登場してお話が転がり始めると、時に笑いながら映画に引き込まれている様子。 上映終了後、喝采の拍手のなか登壇したのは、映画に出演した関智一さん、木村良平さん、小野賢章さん、監督のアベユーイチさん、脚本のむとうやすゆきさん。観客のみなさんの映画の興奮冷めやらぬ中、作品についてのトークがスタートしました。 しばらくぶりの続編となる関さんは、久しぶりの俥夫凜太郎役ということで、撮影初日にはキャストを実際に乗せて人力俥の運転を何度も練習したことを明かし、アベ監督のいい作品を作るための粘り強さに苦労したことや、実際の公道で緊張しながら俥を引いたことなどをお話されました。 木村さんと小野さんには、それぞれ演じたキャラクターについての感想が司会から訊ねられると、木村さんは解散した相棒に復縁を迫る【シロウ】について“そこまでくらいついてゆく根性“の凄さを、小野さんは恋人と母親との間に立ち、関係に悩む【圭太】について、それでもしっかりしている部分があることを強調して、映画を観た人なら納得の笑いと共感を呼んでいました。 撮影中の苦労話として、木村さんは本編ではほぼカットされている漫才シーン、小野さんは30回近くNGを出してしまった長回しのシーンを挙げ、また東京で大雪が降る中、俥を曳くシーンも撮影した関さんは、俥夫の衣装で寒さが厳しかったことなどを挙げていました。 アベ監督、むとうさんはそれぞれの作品ができるまでの経緯を求められると、【浅草立志編】では出演もされているキャッチャー中澤さんのコントライブを劇中登場するリトルシアターで見たことや、同じく劇中に登場する古道具店《蛍堂》さんのお話、【すみだ旅立ち編】で鍵となるロボット“おーいちゃん”についてなど作品のディテールを絡めてのトークを披露。また3作目、4作目に出演した木村さんと小野さんそれぞれの演技を絶賛する一幕も。 イベントはトークショーに続けて朗読劇《爆闘相棒(ばくとうバディ)リック&ショウ》の朗読劇に。 前2回のイベント上映でも行われたこの架空のアニメに関するご説明を、監督・むとうさんからされた後、いよいよスタート。主人公の一人[リック]は前2回のイベントで小野友樹さんが演じられていましたが今回は[リック]が喋れない??状況。関さん扮する[ショウ]の前にあらわれた[ジョウザとカジ坊]とは…!?映画「力俥」とは正反対の世界の朗読劇ながら会場は爆笑につつまれました。

    その後“この規模はなかった”とキャストも驚く大じゃんけん大会で、貴重なサイン入り台本が、勝者にプレゼントされイベントは幕を閉じました。 このイベントはDVD「力俥-RIKISHA-浅草立志編」に1部の模様が、DVD「力俥-RIKISHA-すみだ旅立ち編」に2部の模様が収録される予定です。

  • 2018.03.24スペシャルコメント(「力俥」#3、#4製作にあたって)

    関智一 (俥夫・武凜太郎 役)

    この度、「力俥」の新作が二本連続で製作されることになりました! 今回は浅草、向島を舞台に人情喜劇が繰り広げられます。先日、撮影も無事終了致しました。 素敵なゲストの皆さんも揃い、手応えバッチリです。今秋開催の上映イベントを是非お楽しみに!

    声優としての主な出演作 『機動武闘伝Gガンダム』(ドモン・カッシュ)、『ドラえもん』(スネ夫)、『PSYCHO-PASS サイコパス』(狡噛慎也)、『妖怪ウォッチ』(ウィスパー)、『のだめカンタービレ』(千秋真一)、『昭和元禄 落語心中』(与太郎)、 ほか

    木村良平 (#3【浅草立志編】 鳩谷シロウ 役)

    クスリと笑って、少し心が温かくなるお話です。あるいは、かなり笑って、とても心豊かになれるかもしれません。 秋には上映会もあります。お楽しみに!

    声優としての主な出演作 『東のエデン』(滝沢朗)、『黒子のバスケ』(黄瀬涼太)、『テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス』(スレイ)、『デビルズライン』(李ハンス)ほか

    小野賢章 (#4【すみだ旅立ち編】 芳野圭太 役)

    既に撮影は終了しているのですが、とても楽しかったです!2月の撮影だったので、車夫の関さんが寒そうでした!(笑)ぜひ観てください!

    声優としての主な出演作 「ハリー・ポッター」シリーズ(ハリー・ポッター)、『BORUTO—NARUTO NEXT GENERATIONS-』(奈良シカダイ)、『封神演義』(太公望)、『映画 プリキュアスーパースターズ!』(クローバー)

    アベユーイチ (監督)

    ジワリと心が温まる。そんな短編が生まれました。 スタッフ陣も俳優陣も、色々なカテゴリーを軽く乗り越えて結集した奇跡の シリーズとなっています。 これは観ないと!

    主な監督作 『SDガンダムフォース』、『エグザムライ』(脚本・監督・絵コンテ)、実写版『テニスの王子様』、『ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国』

    むとうやすゆき (脚本)

    おっさん俥夫の凜太郎、今回は浅草軽演劇のレジェンドを祖父にもつ芸人の卵、子離れしない母親と恋人の狭間で思い悩む青年、二人の若者のために一肌脱がせていただきます。マドンナ候補もあらわれる? 一期一会の二本立てをお楽しみください。

    主な脚本作品 『バジリスク~甲賀忍法帖~』、『シュヴァリエ -Le Chevalier D’Eon-』、「戦国BASARA」シリーズ、『機動戦士ガンダムUC』、『ローリング☆ガールズ』